イノベーション・ジャパン2014 〜大学見本市&ビジネスマッチング〜

NEDOセミナー

開催日:9月12日(金)
開催場所:東京ビッグサイト東1セミナー会場

時間 タイトル及び概要 発表者
10:30〜10:55
我が国のイノベーション政策について

我が国の成長のためには、革新的な技術を核としたイノベーションが不可欠であり、特に、技術シーズと事業化の間の「死の谷」を超える「橋渡し」機能強化が鍵となっています。
本講演では、「日本再興戦略」改訂2014でも示された「橋渡し」機能強化に加え、独創的な技術シーズの創出、イノベーションを担う人材育成等のあり方について俯瞰的に示すとともに、産総研やNEDO等の具体的な施策の方向性、大学や企業等への期待についてお話しします。
産業技術環境局
技術政策企画室長
田中 邦典
11:00〜11:25
経済産業省における産学連携施策について

イノベーションの創出のために産学連携は大きな役割を担っており、これまでも様々な支援が行われた結果、産学連携の仕組み、体制が整備されてきています。今後は、これらの体制や仕組みがより効果的、効率的に機能するためのサポートが求められる段階に入ってきていると考えられます。
本講演では、経済産業省における産学連携施策の変遷と各大学における産学連携の仕組みがどのように機能しているかについての分析概要をお話します。
経済産業省
産業技術環境局
大学連携推進室長
宮本 岩男
11:30〜11:55
イノベーション創出におけるベンチャーへの期待

ベンチャー企業は、雇用の創出、新しいリーディングカンパニーの育成による経済の活性化など、社会において大きな役割を担っています。さらに、卓越した技術やビジネスモデルを持ったベンチャー企業は、社会全体にイノベーションをもたらす可能性も秘めています。
本講演では、ベンチャー企業の現状と課題についてお話するとともに、ベンチャー支援における今後の施策の方向性及びイノベーション創出への期待についてお話します。
経済産業省
産業政策局
新規産業室長
石井 芳明
〜 休憩 〜
13:00〜13:30
オープンイノベーションとベンチャー支援

近年、新興国が急速な発展を遂げる中、我が国が今後とも産業競争力を維持し高める為には、オールジャパンで未発掘の技術の原石を見つけ、産学官連携でオープンイノベーションを推し進める体制が重要である。しかし、これら原石となる技術の研究開発にはいわゆる「魔の川、死の谷」と呼ばれる難関が待ち受けており、乗り越えるのは容易でない。
イノベーション・ジャパン2014においては、これら「魔の川、死の谷」を乗り越えるための研究開発型ベンチャー支援事業等NEDOにおける中小・ベンチャー企業等に対する支援制度、そしてこれら事業から生み出された成果をご紹介します。
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構
イノベーション推進部長
久木田 正次
久木田 正次氏写真
13:35〜14:15
ベンチャー企業・中小企業と大企業とがうまく連携し、事業を急成長させるには!

ベンチャー企業・中小企業にとって、大企業との連携は極めて重要ですが、ニーズのミスマッチや大企業側の姿勢の問題があり、中々スムーズには進みません。ベンチャー企業・中小企業側の意識にも改善余地は大きいと思われます。このセッションでは、それぞれの課題を整理し、どうすれば双方にメリットのある協業ができるようになるか、ねらいの確認、事前準備、交渉、協業推進について考えるきっかけをご提供したいと思います。
ブレークスルーパートナーズ(株)
マネージングディレクター
赤羽雄二 氏
赤羽雄二氏写真
〜 休憩 〜
14:30〜15:00
大学発ベンチャーキャピタルの視点

大学などの研究開発と、ベンチャーによるその事業化の間には、様々なギャップがあります。そのようなギャップを橋渡しするべく2004年に創業した東京大学エッジキャピタル(UTEC)では、3つのベンチャーキャピタルファンド(計約300億円)を運用し、55件の研究開発型ベンチャーへの投資を実行し、9件の株式上場と7件のM&Aを経験してきました。大学発ベンチャーキャピタルとして、どのような視点で投資判断をしてきたか、どのような要素が成功のために必要と考えてきたか、どのような支援活動を行ってきたかについて、いくつかの事例を交えてお話させていただきます。
株式会社東京大学エッジキャピタル
代表取締役社長
郷治 友孝 氏
郷治 友孝氏写真
15:05〜15:35
太陽電池アレイテスター SOKODES(ソコデス)

太陽光発電システムにおいて、複数の太陽電池モジュールを直列接続したアレイにおける配線障害個所を特定するテスター「SOKODES(ソコデス)」の開発経緯をまじえて事業化に至った過程を紹介します。
太陽光発電システムにおける、モジュールの出荷検査、お客様への引渡時のアレイ部の竣工検査、運用中のアレイのオンサイト検査などの各シーンでの検査を効率化し、検査作業の品質向上とコスト削減を実現できます。
株式会社システム・ジェイディー
代表取締役
伊達 博 氏
伊達 博氏写真
公募説明会
15:40〜16:50
新エネルギーベンチャー技術革新事業公募説明会

本事業は新エネルギー分野等の中小・ベンチャー企業が保有している潜在的技術シーズを基にした技術開発を支援します。直近で始まった第二回公募に関する説明も実施致しますので、新エネルギー分野の事業化・ビジネス化を目指されている方は是非ご参加ください。
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構
イノベーション推進部
プラットフォームグループ
主幹 中西 博

>ページトップ

開催日:9月12日(金)
開催場所:東京ビッグサイト東1NEDOシアターA

時間 タイトル及び概要 発表者
公募説明会
14:00〜15:15
エネルギー・環境新技術先導プログラム公募説明会

飛躍的なエネルギー効率の向上や低炭素社会の実現に資する有望な技術の原石を発掘し、将来の国家プロジェクトに繋げていく先導研究を実施します。省エネルギー・新エネルギー・CO2削減等に資する革新的・独創的な研究開発テーマを検討されている方は、是非この機会にご参加ください。
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構
イノベーション推進部
フロンティアグループ

>ページトップ